ピルの種類

@避妊薬 - 低用量ピルと殺精子剤の正しいピル避妊の方法

ピルの種類について

低用量ピルには、含まれている黄体ホルモンの違いによって第1世代ピル・第2世代ピル・第3世代ピルの大きく3つに分類されます。

昔からあるピルで、卵胞ホルモン量が少なく黄体ホルモン量を多く含有しているのが第1世代ピル。アンドロゲン(男性ホルモンを活発にする)作用が少ないのが特徴で、オーソ・ノリニール・シンフェーズ・エリオットがこの部類に入ります。

黄体ホルモンの量が少なくアンドロゲン作用が強いのが第2世代ピル。トリキュラー28・アンジュ・トラディオール・リビアンがこの部類に入ります。第2世代ピルはアンドロゲン作用が強いのでニキビの悪化や抜け毛などの副作用が欠点でした。

アンドロゲン作用を抑える種類の黄体ホルモンを含有したものが第3世代ピル。マーベロン・ダイアン・メリアン・レディーE・マーシロンがこの分類に入ります。

ピルは、「21錠1シート1ヵ月分」として販売されている製品と、「28錠1シート1ヵ月分」として販売されている製品があります。28錠が1シートになっているピルは、そのうちの7錠が偽薬となっています。ダミーピル・シュガーピル・プラセボ等の名称で呼ばれているこの偽薬は、ピルを毎日飲む習慣を崩さないために服用します。よって21錠シートも28錠シートも実際のピル数は21錠という事になります。

また、ホルモン量の変化によっても分類されています。21錠が全て同じピルを1相性ピルといい中高用量ピルが1相性ピルに分類されます。代表的な製品には、マーベロン・プラノバール・オーソM・ルナベルがこれに属します。なお、ルナベルは子宮内膜症として処方されるピルであり保険が適用されます。

ホルモン量が2段階に増量するピルを2相性ピルといいエリオットがこれに属します。後半になるとホルモン量が2倍になりますが、これが一番自然なホルモン変化です。ホルモン量が3段階に増減するピルを3相性ピルといいます。アンジュ・オーソ777・トリキュラー・リビア・トラディオールがこれに属します。なおホルモン量の変化の仕方は製品によって異なります。

この他に超低用量ピルというものがあります。吐き気等の不快な副作用の原因は卵胞ホルモンにありましたが、この卵胞ホルモン量を低用量ピルよりもさらに抑えたピルのことを指します。

避妊薬の人気ランキングTOP3