ピルの購入

@避妊薬 - 低用量ピルと殺精子剤の正しいピル避妊の方法

ピルの購入について

ピルを購入する際には医師の処方箋が必要です。従って、薬局やドラッグストアでの店頭販売は一切していませんが、個人輸入代行業者を通じてインターネット通販にてピルを入手することは可能です。

ネット通販での販売価格は、病院で処方してもらう場合と大きな金額の差はありません。しかしながら、問診の煩わしさがない点、診察費などの諸費用や交通費がかからない点、時間の節約ができる点は大変魅力です。

なお、病院で処方してもらう際には産科婦人科を受診するのが無難です。ピルに対しての理解があり、ピルの知識が豊富な医師のいるところを探しましょう。あらかじめ「ピルを処方してくれるのか?」、「予約の必要はないのか?」を電話で確認しておくとスムーズに受診できます。

病院では、まず問診をして次に適正検査を受けます。適正検査では、「ピルに適した体質かどうか?」の血液検査や内診を行います。検査の内容は病院によって様々で子宮癌検診を行うところもあります。「避妊」は保険適用外ですので、初診料・検査料・お薬代で1万円ほど用意して行きましょう。

病院でピルを処方してもらう際の費用

  1. 初診料・・・病院によって異なります。2,000円前後が一般的です。
  2. 服薬指導料・・・お薬の服用の仕方や注意を指導してくれます。料金がかからないところが多いですが500円前後かかる病院もあります。
  3. 処方料・・・1,000円未満で済む病院が多いです。
  4. 検査料・・・2,500円前後です。
  5. 薬代・・・ネット通販では1,500円程度の値段で1ヶ月分1シートが購入できますが、病院では2,000~2,500円程度かかるところが大半です。

上記のように料金は8,500円前後になります。少し余裕を持って1万円は用意して行くと良いでしょう。

避妊薬の人気ランキングTOP3