モーニングアフターピル

@避妊薬 - 低用量ピルと殺精子剤の正しいピル避妊の方法

アフターピルについて

思いがけないハプニングで避妊に失敗してしまった経験は、誰でも1度や2度はあるものです。ここでは、緊急避妊法の中で一番一般的な「緊急避妊薬(モーニングアフターピル)」をご紹介します。

アフターピルの使用方法

まず、避妊に失敗してしまった性交後72時間以内に2錠を服用します。そして再度12時間経過後に、更に2錠を服用します。その後早ければ3~4日程で消退出血します。この出血で避妊が成功したことが分かります。3週間経っても出血がない場合は妊娠の可能性があります。

アフターピル服用による避妊の成功率は80%程といわれています。半強制的に生理を起こす作用のため、多少なりとも体に負担が掛かります。ですので、安易に日常の避妊法としては使用しません。モーニングアフターピルはあくまで緊急措置用の避妊ピルとなります。

低用量ピルと比べて副作用が強いとされるアフターピルは、処方してくれる病院も限られています。問診などで根ほり葉ほり聞かれるのも煩わしいので、ネット通販にて予期せぬ出来事に備えて前もってアフターピルを1セット常備しておくのもよいでしょう。

尚、入手方法はインターネット通販でも購入は可能ですが、ちなみに通販での価格は4錠だと3,000円ほどで購入できます。

「マドンナ」や「ポスティノール」などの商品名で販売されています。これらは、米国FDAに認可されているプランBというアフターピルと同成分で安価のため人気があります。最近ではそーせいグループが「ノルレボ」という緊急避妊薬を厚生労働省に承認申請を行っており、製造販売まで間近だといわれています。

避妊薬の人気ランキングTOP3